病院でも脱毛できる?最近注目の美容整形外科で脱毛する理由

- 美容整形外科に始めていくときの心得

美容整形外科に始めていくときの心得

脱毛のために美容整形外科を訪れようとしたときには、どのようなものを持って行けばよいのでしょうか?
普段病気の時に利用する病院とはちょっと違う美容整形外科の利用方法についてお教えしたいと思います。

健康保険証は持って行こう

美容整形外科では基本的に健康保険証を使った保険診療を受けることはできません。
これは顔の整形とか、脱毛とかそういった縛りにかかわらず美容整形外科の範疇で行う治療については適用されません。
しかしいざむだ毛の治療を始めようとしたとき「この部分は治療しないとむだ毛に対してアプローチできない」などと医師が判断することがあり、そこからいったん病気の治療になることがあります。
そう、むだ毛の手入れをしようと思ったら思わぬ病気が見つかってそこから治療が始まると言うこともあり得るのです。
その場合には健康保険が適用され、実費負担では無く3割負担になりますから保険証を持っていないと面倒なことになってしまうのです。
治療に訪れるたびに健康保険証だけは財布の中に忍ばせておきましょう。

治療費についての相談をしよう

先ほどもご紹介したようにむだ毛を美容整形外科で手入れするためには実費負担という厳しい現実が待ち受けています。
お金に余裕があるならばまだしも、普段の生活でもやりくりを考えている私たちにとってみたら大きな負担です。
病院側もそうした事情をくんで、あらかじめローンの提携を行っていたりキャンペーンを実施していたりと患者である私たちの懐が痛まないような努力をしてくれています。
お金のめどが立ってから行くことはもちろんですが、なるべく治療費を抑える方法が無いかと言うことを相談しておくことも大切です。

病院の扉を開こう

それ以外は普通の病院と至って変わらず、診察券を出して問診票を書くとか医師に診察してもらいどのような治療戦略を立てていくのかと言うことを相談しましょう。
長丁場になることが多いむだ毛のお手入れですが、医師と一緒にあきらめずに挑戦しましょう。